変色した前歯と治療法 - 日本橋 小伝馬町 虫歯 歯周病 歯科医院

宇佐美歯科クリニック

歯科コラム

変色した前歯と治療法

Dental_037

前歯が変色する理由は幾つか挙げられます。
遺伝の問題、歯が形成される時期の薬による影響、感染症、
根管治療の問題、タバコ、食物による色素沈着などさまざまです

<治療法>

①根管治療の後

根管治療後、もし歯が欠けていなければ、ホワイトニングが効果的でしょう。 照射器でホワイトニングの薬の効果を増強することもできます。診療は数回かかります。そして完全に歯が白くなるには、数年かかります。

根管治療後で歯が欠けている場合はクラウンが効果的です。
クラウンは歯をひび割れから守ります。
ポーセレンクラウンはポーセレン(セラミック)と呼ばれる材料で作られていて、
歯の色を自由に選ぶ事が出来ます。そして根管治療の後に使われます。

    もし前歯の損傷が最小限なら、ポーセレンベニアが効果的です。
ポーセレンベニアは薄い貝殻のようなもので前歯の歯の表面に装着されます。
ベニアを装着すると共に定期的にブリーチングをする事をお勧めします。

②食物やタバコによって歯が黒くなってしまう

ホワイトニングの治療は数回の診療によって行われます。
(これをパワーホワイトニングと呼んでいます) 
薬品は特殊な光でより効果を発揮します。

ホームホワイトニングは近年とてもメジャーなものになりつつあります。専用のトレーにホワイトニングの薬品を入れ、1日のうち数時間口の中に入れておきます。

ボンディング(接着治療)は一回の診療で歯を白くする事が可能です。歯面をきれいにした後、プラスティックの素材の材料を歯に充填します。そして歯面を削って形を整えます。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

日本橋,小伝馬町駅の歯医者

無痛治療が評判 TV・メディアに多数出演 小伝馬町駅より徒歩2分 土曜も19時まで受付 体験談多数掲載中